スポンサーサイト はてなブックマークに追加 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:- | 拍手コメントを見る

2012年9月12日のスク水ニュース はてなブックマークに追加 |

今日の一言

スク水大喜利企画感想を書いてみたぜ
 (情報元:@nikutyせかんど

回答投稿&審査員として参加していただいたnikutetuさんの企画感想記事です。

nikutetuさん自身が投稿した回答を、
ボツネタ(=皆さんには見えてない回答)も含めて紹介されています。
こういう採用されなかった回答を紹介するのは面白いですね。

私は、主催者ですべての回答を裏で見ていたのですが、
「スクだ、バカ!(吉高由里子風に)」は流行に乗りすぎ感はあるものの、
個人的にヒットでした。でも、審査結果としては不採用でしたね。残念。

他の参加者もボツネタで「これは自信があったのにー!」とか
「意外にも採用されたぞ!」という回答があるのでは?
そういう感想は色々な人から聞いてみたかったりします。



さて、記事後半の『ここからは文句言ってみようのコーナー。』について、
『もうちょいすくみうさんはネット上でちゃんと本音を言った方がいいなと思いました。』
と書いてあったので、ここでご説明をします。

本当は、私も第1回の結果をまとめているときに「この回答に私のコメントをつけたい!」
と思う回答が多々あったのですが、審査員の方達が1つ1つに面白いコメントを
丁寧に付けていただいているので、私が横から割り込んでコメントをつけるよりも、
審査員のコメントを多く掲載する方向にしようと思ったという流れがあります。

審査員の方たちは、結果的に採用された回答の何倍もの数の回答に、
1つ1つ審査&コメントしていただいているので、
審査員のこのコメントを優先して掲載しなきゃ失礼だ、と。

この企画自体が、「みんなが参加して、楽しいものを作り上げる企画」なので、
私が「すくみうコメント」をばんばん書いてしまって、
「回答にすくみうコメントという名のツッコミがもれなく入るすくみう独壇場」に
なってしまうよりも、皆さんの回答に対して、審査員の方達のコメントが入るほうが、
みんなで作り上げているものになるだろうという判断です。

だから、どちらかというと、私は自分のコメントを付けるのをさぼったのではなくて、
私のコメントを極力付けないようにしていました。
最低限、「ここは主催者がコメントしたほうがいいんじゃない?」というところだけ、
コメントを付けました。

毎年、企画に応募していただいた作品にはすくみうコメントを
付けるようにしているのもあるので、回答結果ページを作っているときに、回答に
コメントをつけたい(回答にツッコミ入れたい)という気持ちと葛藤していたりしました(笑)。

言い訳をすると、この点に関して、今年の企画では主催者は極力裏方に回ってみる方向に
舵をとってみる賭けに出ました。それが裏目に出てしまったようなので、正直、悔しいですね。


『本音を言った方がいい』とあったので、最後に。
今回の企画は、最終的に主催者が何をどのように公開するかを決定しなければならないので、
色々な面で、どうするほうが皆に楽しんでもらえるか?満足できるか?というところは
すごく悩みました。何が正解か分からないし、多くの人が参加すると、それだけ色々な
見方・感じ方があるので、全員がもれなく満足できる形を見つけるのが難しかったです。

とくに、今回は採用・不採用だったり、審査員のコメント等の掲載する・しないなどの判断を、
最終的には主催者が決める形になっています。回答も審査員の採点・コメントも皆さんから
頂いたもので、その中から取捨選択した場合、公開されなかったものについて、
苦い思いをされていたり、疑問に思っている方もいると思います。
今回は、全部を掲載する企画ではなかったので取捨選択が必要になります。
私としては「みんなが参加して、楽しいものを作り上げる企画」ということを考えて、
取捨選択をしました。それが必ずしも全員を満足できる形にできなかったかもしれません。

実際、企画終わりにみなさまからアンケートでご意見をいただきましたが、
色々な見方があって、皆さんの中でも意見が対立している(対立というほどではないですが、
「こうしたほうが自分は好き」みたいなところが人によって逆になっている)ところが
いくつかあって、いまだにどっちがいいか分からないところもあります。

そういった取捨選択の判断だけでなく、当然、私の力不足な面は多々あって、
もっと面白くできた部分はあって、自分の中でも悔しく思っているところが結構あります。
そこは反省点です。


ただ、皆さんに色々な形で参加・協力していただき、私も企画に対して手を抜いてはいません。
その結果、「みんなが参加して楽しい『スク水大喜利』」を完成することができたと思っています。

今後の反省点はありますが、皆さんのおかげで、素敵な「スク水大喜利」ができました。
皆さんはいかがでしょう?楽しめましたか?

以上!

この件については「ちゃんと答えなさい」とお達しがあったので、
ここに説明を書かせていただきましたが、
他の皆さまからも色々なご意見・ご要望をアンケート等で頂いているので、
来年の企画はまだ未定(笑)ですが、今後に生かしていきますよ!(*´∀`*)


みんなでスク水を楽しむために!(*´∀`*)


今日のニュース

▼ 【 スク水な話題 】

NMB48がスクール水着の写真集発売 [画像]
 (情報元:Gラボ

ほっほーう。(*´∀`*)

▼ 【 スク水イラスト 】

オレの言う事を聞きなさい!
 (情報元:ブログdeしょうにゅう堂♪

うひょーーー!(*´∀`*)

▼ 【 pixivのスク水 】

「魔法幼女ともえ☆マギカ」/「暫」のイラスト [pixiv]
 (情報元:pixiv


マミさん、うしろうしろ!(*´∀`*)

「めがねなこいし」/「スピリタス太郎」の漫画 [pixiv]
 (情報元:pixiv


かわいい!そして、色合いが綺麗です!(*´∀`*)

「まだまだ暑いです」/「ぺけぺけ」のイラスト [pixiv]
 (情報元:pixiv


この眺めはすばらしい。(*´∀`*)

▼ 【 ストライクウィッチーズ 】

レゴで再現されたストライクウィッチーズが凄いwwwwwwwww 他
 (情報元:ジレンマな日常

一瞬、誰?って思うキャラもいますねw

▼ 【 アニメ・コミック・声優 】

堀江由衣がニッポン放送「ミュ~コミプラス」にゲストで久々に登場
 (情報元:おた☆スケ

きたー!

一週間後には…。
 (情報元:高垣彩陽オフィシャルブログ「あやひごろ」Powered by Ameba

スフィアのライブが今週末。
テンション、上がってきた!

▼ 【 イラスト・画像・動画 】

梓ちゃん
 (情報元:チセノマチスリー

どきっとする表情。

▼ 【 2ch・ネタ・雑学 】

ダイソンの扇風機貰った。
 (情報元:ほんわか2ちゃんねる

実際に見てみたくなりました。

2012年09月12日 | すくみう日記 | トラックバック:0 | コメント:0 | 拍手コメントを見る

<< 2012年9月13日のスク水ニュース | すくぅうみうぎTOP | 2012年9月11日のスク水ニュース >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。