スポンサーサイト はてなブックマークに追加 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:- | 拍手コメントを見る

ペンライト「FreFlow」世界初のグッズ販売!@堀江由衣ライブ~使い心地はどうよ?~ はてなブックマークに追加 |

ペンライト「FreFlow」世界初のグッズ販売!@堀江由衣ベストライブ~使い心地はどうよ?~

堀江由衣ベストライブ~由衣と時間泥棒~
堀江由衣をめぐる冒険Ⅳ~パイレーツ・オブ・ユイ 3013~

2013年3月16日と3013年3月17日(※日程は合ってます)の2日間連続、
幕張メッセイベントホールで開催された堀江由衣ライブ!

ちょっと2013年と3013年の間を行って帰ってきたばかりなので、
時差ボケで疲れているのとコーフンさめやらぬ状態で書いています。

今回の2日間のライブは、タイトルが違えば、内容も違うということで、
色々なことがすごくすごかったわけです!

さて、そんなすごくすごいポイントの1つが、「FreFlow(フリフラ)」

今日はそんな「FreFlow」が導入されたライブの体験から、
画期的ペンライト「FreFlow」でなにが出来るのか、なにがすごかったかを紹介したいと思います。

おそらく今後色々なアーティストのライブで導入されると思うので、
今後のペンライト動向が気になる方は読んでおいて損はないと思います。


◆ ほっちゃんライブで世界初の物販販売! ◆

ペンライト「FreFlow」世界初のグッズ販売!@堀江由衣ライブ~使い心地はどうよ?~

ほっちゃん曰く、
「今回、ミラクルペンライトという名前でグッズ販売させていただいたペンライトですが、
 ソニーさんのペンライトで、なんとこれをグッズ販売するのはこのライブが世界初です!」

さすがほっちゃん!まだ誰もやってないことを平然とやってのけるぅぅぅ!

ちなみに、「グッズ販売」は世界初ですが、
下記の参考記事のとおり、2012年夏頃から
いくつかのライブやイベントで「使用」はされています。

それがとうとうグッズ販売できるレベルになったということですね。
今回ほっちゃんのライブでグッズ販売されたということは、
今後、色々なライブで導入が増えてきそうですね。

<参考記事>
新ペンライトシステム 「FreFlow(フリフラ)」開発秘話
ペンライト、はじまったな! 次世代ペンライト「FreFlow(フリフラ)」が画期的


◆ 「FreFlow」って何ができるの?~無線が無い場合~ ◆

ペンライト「FreFlow」世界初のグッズ販売!@堀江由衣ライブ~使い心地はどうよ?~

ユーザ操作できるスイッチは2つ。
 ・ON/OFFボタン
 ・色変更ボタン

基本的には、無線なしの場合、多色型のペンライトです。

まず、スイッチONをすると初期色(青)が光ります。
色変更ボタンを押すと、
青→赤→緑→白→オレンジ→紫→ピンク→黄色→青(あとは繰り返し)
の順番に8色のライトが切り替えられます。


◆ 「FreFlow」って何ができるの?~無線がある場合~ ◆

さて、ここからが「FreFlow(フリフラ)」のすごいところ。

ライブ中に、ライブ会場に無線が飛びます。
すると、あら不思議!みんなの持ってる「FreFlow」ペンライトが一斉に同じ色に光ります!

なんという一体感!

イベント側が無線を飛ばすことによって、会場の色が曲に合わせて、
一斉に色が色々と切り替わるのです。

FreFlowのスイッチをONにしておくと、常に無線を自動で受信するようになっているようなので、
ユーザはスイッチをONにするだけです。あとはイベント側が無線を飛ばしてくれるのを待つだけ。


今回のライブで見た感じでは、以下のようなパターンの演出が可能なようです。

(1) 全員のペンライトを同じ1色にできる。
  これがまず大前提。

(2) ユーザ操作の8色以外の色(例えば、水色)で光らせることができる。
  ペンライトを持つユーザ側の色変更ボタンでは、
  上記に書いたとおり8色しか切り替えられないのですが、
  無線によってイベント側で操作するときは、
  水色になったり、グラデーションがかかったりしました。
  (FreFlowの仕様としては、赤緑青の三原色の組み合わせでどんな色でも点くようです。)

(3) 曲に合わせて、パッと一斉に切り替えることができる。
  会場全体がバッと変わる感じ。無線受信の遅れでまばらになるようなことは無さそうでした。

(4) 異なる2,3色をランダムで光らせることができる。
  例えば、クリスマスソングでは、みんなのペンライトが赤・緑・白でランダムに点灯して、
  会場全体は、赤の人もいれば、緑の人もいれば、白の人もいて、
  なんとなくバランスよく赤・緑・白がまばらになって、クリスマスっぽい雰囲気になる。

(5) 曲の中のあるキメの瞬間に色を光らせることができる。
  例えば、基本は青色の曲だけど、サビに入る瞬間のみ、白色にパッと光らせるような。
  これも、ものすごくズレているような感じはしなかったので、精度は良い気がしました。

(6) かなり素早くチカチカと複数色を切り替えることができる。
  チカチカチカチカといくつかの色が高速点灯させることもできるようです。
  ちょっと気になったのが、会場の暗いところで、赤と青を交互に高速点灯させると、
  いわゆるポケモンショック現象も起こせるような感じでした。
  これはFreFlowを使うイベント主催側の演出で気をつければいいことですが。


◆ ふつうのペンライトとしてもお買い得ですごいぞ! ◆

物販で「ミラクルペンライト」を見て、
「えー、2500円って高くない?」って思うでしょ?

違うんですよ、奥さん。
上記の説明でお分かりのとおり、8色のペンライトです。

今までの物販だと、1色しか点かないペンライトが1000円~1500円で売られてたでしょ?

でも、これは8色のペンライトです。
今度のライブからはこれ1本を持っていけばいいんですよ、奥さん。(←小声で)


でも、電池が切れたらダメなんでしょ?

おっ、いいところに気づきましたね。

今までの物販だと、1色しか点かないペンライトは、ボタン電池でした。
このボタン電池が非常に厄介でして、電気屋さんで買おうとすると、
けっこう高いんですよね。

でも、このペンライトは違います。
ボタン電池ではありません。

ペンライト「FreFlow」世界初のグッズ販売!@堀江由衣ライブ~使い心地はどうよ?~

単4電池・2本で動くんですよ、奥さん!(←小声で叫ぶ)

単4電池なら、どこのご家庭でもわりと一般的にあります。
もし無かったとしても、電気屋さんで安くで売っているのでお手軽に買えます。

どうですか?
FreFlowのペンライト、無線がなくても、お買い得感満載です。


ここがお買い得!
(1) ユーザ操作で8色が使える。
(2) 単4電池で動く。
(3) 1本2500円。
   市販のサイリウムは、1色・1本200~300円(数分~数時間で消えてしまう使い捨て)。
   既存のグッズのペンライトは、1色・1本1000~1500円。
(4) 無線によって、そのイベント上の演出どおりに光る。

まぁ、市販の多色型ペンライトも、単4電池式のものが2000~3000円くらいで売ってたりしますが、
ライブグッズとしてロゴが入っているという「思い出成分」+「(4)の特徴」があるなら、
ライブグッズとしての「ミラクルペンライト(FreFlow)2500円」を買うのは十分アリだと思います。


◆ 今回買ったFreFlowは次のライブで無線使えるのか? ◆

FreFlowに関して、疑問があります。

今回購入したFreFlowペンライトは、次のFreFlowを導入したライブで無線ありで使えるのか?
要するに、同じタイプ・同じチャンネルの無線が飛ぶのか?ということです。

そもそもFreFlowってどんな無線信号が飛んでいて、
チャンネル設定みたいなものがあるのかという素朴な疑問。

チャンネル設定があるのであれば、次のライブでも
同じチャンネルに合わせた無線が使われれば、今回のFreFlowを無線ありで使えますし、
異なるチャンネルにした無線が使われたら、今回のFreFlowを無線ありでは使えません。

まあ、グッズのペンライトを売る側としては多く売りたいでしょうから、
使いまわしできないような無線設定・チャンネル設定にするかもしれませんね。

どういう無線信号でFreFlowが動いているのかは、ひょっとしたらギークによって
解析されて、「手持ちのFreFlowを自由自在に操って遊んでみた」的な動画が
アップされるんじゃないかと期待してみたり。

新ペンライトシステム 「FreFlow(フリフラ)」開発秘話」を読むと、
DMX512というプロトコルを使用しているようですが、私は詳しくないのでどうなんでしょう?


◆ 今後、このタイプのペンライトが主流になるか? ◆

イベント側で色が統一されてしまうことを気にされる方もいると思います。
そこはどうなっていくかが気になるところですね。

ライブにおける、曲のコールとかサイリウムの色使いとかは、
わりとファンの一体感があって自然と決まっている場合もあって、それが楽しかったりします。

でも、アーティスト側から「この曲はこの色のイメージです」というのをラジオとかで話して、
ファンがそれに合わせるみたいなことも、前例としてあるので、そういう意味では
イベント側で色が決まってもいいのかもしれません。

今回のライブで言うと、全員が全員、FreFlowのペンライトを使ってるわけでもなく、
持ってきたサイリウムやペンライトを持ってきている人もいましたし、
FreFlowのペンライトを使っていても、曲によって、
持参のものを使っていたりする場面もありました。
(イベント側があえてFreFlowの無線で色指定をせずに、
 ユーザに色を任せていた部分もあったような。勘違いかもしれませんが。)


個人的には、
サイリウムって使い捨てな感じがあって、エコじゃない感がしていて、
いつからかなるべくペンライトを使うようにしています。
でも、ペンライトも1色タイプのものが多いので、ライブに行くときは、
8色以上のペンライトを持っていってたりして、ライブの前は電池切れチェックをしたり。

そういう意味では、多色型ペンライトがグッズとして売られて
一般的になっていくのは、便利だなと思いました。

FreFlowタイプの一体感もまた楽しいですし、演出の幅も広がるかなと。
あえてFreFlowを使わずに、演出意図とは違った色でファンが試してみて、
また曲の色が面白い方向になっていくことも今後あると思いますし、
色々な可能性があって楽しそうですね。


◆ 以上! ◆

ライブの興奮冷めやらぬ状態でシュビズババと文章を書いたので、
読みづらいところもあるかもしれませんが、FreFlowはこんな感じでしたという感想でした。

肝心のライブの感想は明日アップします!
まぁ、あれです。3行で書くと、

ほっちゃんがすごいし、すごくかわいい。
あとモノクロームちゃん、かわいい。
汗と涙と笑いと感動でいっぱい。


<感想、書きました。>
「堀江由衣BEST LIVE~由衣と時間泥棒~」「堀江由衣をめぐる冒険Ⅳ~パイレーツ・オブ・ユイ 3013~」に行ってきました!
「堀江由衣をめぐる展示会 in 幕張メッセ」の写真


今日のニュース

▼ 【 スク水イラスト 】

りいんふぉーす。
 (情報元:じぇいそん意匠事務所

ひゃっほい!スク水!(*´∀`*)

▼ 【 pixivのスク水 】

「インフィニティ・モーメントの初回特典・・・」/「あきのしゅう」のイラスト [pixiv]
 (情報元:pixiv


怒ったシリカちゃん、かわいいです。(*´∀`*)

「くのいち3」/「ウカ」の漫画 [pixiv]
 (情報元:pixiv


スク水斬りw(*´∀`*)

「ホワイトデー乃莉っぺ返し!」/「永山ゆうのん」のイラスト [pixiv]
 (情報元:pixiv


恥じらいがたまりません!(*´∀`*)

▼ 【 アニメ・コミック・声優 】

【バレンタイン】神谷浩史さん、今年もらったチョコの数が847個!「ファイナルカカ王」の称号を得る
 (情報元:声優☆速報
青二プロダクション 2013年バレンタインチョコ獲得数(竹内調べ)
 (情報元:WebLab.ota

去年に比べても、すごい増えてる!

【GT-R】加藤英美里さんのセーラー服姿が可愛すぎる!
 (情報元:声優☆速報

いいね!

【劇場版公開記念】『シュタインズ・ゲート』ニコ生で一挙放送決定!
 (情報元:声優☆速報

全24話を放送。

▼ 【 PC・ネット 】

AWSはとんでもないものを盗んでいきました(JawsDays2013@shimy_net)
 (情報元:Slideshare

面白いw

▼ 【 ライフハック・ライフスタイル 】

タスクが減らない理由はコレ! 失敗から学ぶ「良いToDoリスト」の作り方
 (情報元:ライフハッカー

タスク管理に煮詰まっている人へ。

2013年03月18日 | 声優:堀江由衣 | トラックバック:0 | コメント:0 | 拍手コメントを見る

<< 「堀江由衣BEST LIVE~由衣と時間泥棒~」「堀江由衣をめぐる冒険Ⅳ~パイレーツ・オブ・ユイ 3013~」に行ってきました! | すくぅうみうぎTOP | 3013年3月17日のスク水ニュース >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。