スポンサーサイト はてなブックマークに追加 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:- | 拍手コメントを見る

2014年2月22日のスク水ニュース はてなブックマークに追加 |

今日の一言

「すくぅうみうぎに言いたいことがあるんだ!!」のコーーーーーーナーーーーーー!!

にゃん!にゃん!にゃぁぁぁん!(←2月22日なので、言いたかった。)

はい、久しぶりに投稿がありました!ありがとうございます!
スクール水着に関しての大切な投稿でしたので、変態的かつ紳士かつ真摯にお答えいたします。

「迷える子スク水」さんからの投稿です。ありがぁざーぁす!
すくみうさん。

 いつも楽しくブログを読ませていただいています。

 今年の年明けのことなのですが、pixivを巡回していてふと気がつきました。
「白スク水・書き初めがあるはずだ」……と。
 真っ白なスク水に今年の抱負を書き、一年の幸福を願う。
 そんな風習があるに違いないと思い、検索バーに「白スク 書き初め」と入力した私は、胸を高鳴らせて画面が読み込まれるのを待ちました。

 検索結果を見た私は、驚愕しました。
 白スクに墨汁で今年の抱負が書かれている画像は、どこにも無かったのです。

 すくみうさん。
 白スク水に書き初めという風習は、本当に存在するのでしょうか。もしかしたら、凍死寸前に見た幻覚だったのかも知れないと思い悩む日々です。

いい質問ですね。(←言いたかっただけ。)

「白スク書初め」という発想に行き着いた 迷える子スク水さん は、
地球上に1億0721万51919人いる変態スク水紳士・淑女達が目指している未知なる領域、
「スク水発想神」の域に達してしまった類まれなるスク水センスの持ち主です。
どんなにスク水好きな人でもこの発想に行き着く人はなかなかいないでしょう。

私は3年前、「スク水書初め」というものを試みました。
こちらです。 ⇒ スクール水着書初め!
ただし、これはスク水用語を文字として書くだけのものであり、
これはスクール水着に文字を書くものではありませんでした。
そうです、私は「白スク書初め」という領域に達していなかったのです。

さて、質問に戻りましょう。
「本当に存在するのでしょうか。」

その答えは・・・「存在します」です。

それは、「白スク書初め」という言葉をあなたが、そして、皆さんが心に思い浮かべた瞬間、
その時から存在し始めるのです。

そう、私の頭の中にはすでに「白スク書初め」が広がっています。

「ちょっとだけ・・・待って・・・」
体育座りをした状態で、ふぅ・・・と息をついて心を落ち着かせる白スク水の少女。
「うん、いいよ。」
仰向けになるように畳の上に寝ると、緊張しているのか、ぎゅっと目を瞑る。
私は、右手にもった筆に黒い墨汁をつけると、そっと筆を少女の胸部に近づけた。
「んぁっ・・・」
真っ白なスクール水着の上に筆先が着地した瞬間、少女の口から声が漏れる。
それを恥ずかしく思ったのか、頬が、いや、顔から耳まで見る見るうちに真っ赤になっていた。
「ん・・・んっ・・・」
私にはそれを気にする余裕はなかった。
なぜなら、筆をつけた瞬間から白いスクール水着と私との戦いが始まっていたのだ。
油断したら、飲み込まれる。
「・・・ふぇっ・・・」
この純真無垢な身体の上に広がる純白の世界は、私をすんなりとは受け入れてくれないようだ。
そう、私はこの目の前に広がる世界に闇を落とすのだ。簡単なことではない。
しかし、その闇はこのシロスクという世界に意味を持たせるための必然である。
「んむっ・・・」
白いスクール水着の上を筆が走るにつれ、身体がわずかに震え、少女の呼吸は少しずつ荒くなる。
少女の胸部は呼吸に合わせて上下に動く。それは私の行いをより一層難しくさせた。
「す、すくみうお兄ちゃ・・・んっ・・・」
少女は私の名を呼ぶが、私は集中しなくてはいけない。
(ここで間違えれば、この子は0年生になってしまう。私は、6の字を完成させなくてはいけないっ!この子は6年生になったんだ!6年2組なんだ!6の2、6の2、6、6,6、6・・・・・・・・・)
「も、もう・・・だ・・・めっ・・・」
6の字を閉じようとした瞬間、純白の世界が大きく揺れた!筆先は私の期待とは異なる線を形成してしまったのだ!
「ご、ごめん、お兄ちゃん。」
「気にしなくても大丈夫だよ。」
私は少女の頭を優しくなでる。
「でも・・・」
少女が視線を自らの胸に落とすと、そこには「0」の文字が。
「0になっちゃったよぉ・・・」
「来年は中学生だろ。だから、中学0年生。いいんじゃない?」
「そっか!・・・って、そんなわけないでしょ!お兄ちゃんのバカバカバカバカバカ・・・!」
少女はグーにした両手で交互に私の胸をポカポカと叩いてきた。
「はーっはっはっはっは!かわいいなぁ!まったく!はーっはっ・・・(※ネットワークの接続が切れました。次回の「すくぅうみうぎに言いたいことがあるんだ!!」までお待ちください。)


今日のニュース

▼ 【 スク水な話題 】

ワンフェス2014冬・フォトレポート(アルカディア)「新作フィギュアに、ドールなど」
 (情報元:アキバHOBBY

スク水!(*´∀`*)

▼ 【 pixivのスク水 】

「伊19」/「Arios」のイラスト [pixiv]
 (情報元:pixiv


疾走感があって、素敵です。(*´∀`*)

「差分」/「Ki」のイラスト [pixiv]
 (情報元:pixiv


いいボディですね。(*´∀`*)

2014年02月22日 | すくみう日記 | トラックバック:0 | コメント:0 | 拍手コメントを見る

<< 2014年2月23日のスク水ニュース | すくぅうみうぎTOP | 2014年2月21日のスク水ニュース >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。